月別: 2017年2月

妊娠線を作らない為にはとにかく保湿!正しい対応を心がけて!

妊娠を経験した方の多くが妊娠線を作らずに出産をしたいと考えるのではないでしょうか。なるべく体型を崩したくない、綺麗な肌のままでいたい。あわよくば、出産後もビキニを着たい。私もそのように考えており、日に日に大きくなるお腹をみては「ああ。皮膚が割れてくる気がする…」と心配になったものです。
育児雑誌に紹介されている予防クリームを何種類か試し、好きな香りのものを毎日塗って保湿ケアやマッサージをしました。
私の「妊娠線を作りたくない!」という思いは夫にも伝わり、夫も「今日は?クリーム塗った?」と頻繁に確認してくれました。
寝る前に夫がクリームを塗ってくれた事もあります。クリームを塗るという口実で赤ちゃんの胎動を楽しんでいたようにも見えましたが。
その甲斐あって、一人目を出産した際は妊娠線はできませんでした。
二人めを妊娠した際はかなり油断していました。小さな子供を抱えての妊娠だった為、自分のことを気にしていられないというのもありました。一人め出産時に妊娠線ができなかったことで、過信もあったように思います。ケアをしなくても自分は妊娠線ができない体質かもしれない、なんて考えたりもしました。夫も、一人めのときのように「クリーム塗った?」なんて優しい確認は一度もしてくれませんでした(笑)。
保湿ケアは3日に1度程度すれば良い方だったと思います。
そんなズボラケアだったのに、お風呂でお臍の下に赤いひび割れができたのを発見したときは声をあげてびっくりしました。妊娠9ヶ月を過ぎた頃でした。そこから焦って一日に何度も何度もクリームを塗りましたが、すでに遅し。
出産する頃には、スイカの柄のように線ができてしまいました。
よくよく思い返してみると、お腹にヒビが入る前の予兆はありました。お腹が突っ張るようなピリピリした感じ、掻きむしりたくなるような痒さです。掻いてはいけない、と気をつけていたのですが寝ている間に掻いてしまっていたかもしれません。
保湿ケアを怠ったも原因のひとつだと思いますが、二人めの出産は寒い時期でかなり部屋の空気が乾燥していたことも関係しているのではないかと思っています。
今から出産する方へは、妊娠線を作りたないなら、とにかく保湿!と伝えたいです。

一時期はかなり気にした妊娠線ですが、今ではだいぶ薄くなりました。
子供に「この線何?」と聞かれることがありますが、開き直って「あなた達を産んだ勲章よ!」と伝えています。

参考→妊娠線とは?wiki

妊娠線はできる人と出来ない人がいる!妊娠線クリームで消すにはどうしたらいいの

現在2人の子供がいます。
1人目の妊娠のときから妊娠線には
すごく気を使っていました。
先輩ママから「お腹が大きくなり始める前から妊娠線の予防クリームを塗った法がいい!」とアドバイスをもらっていたので、3ヶ月頃からお腹に塗りたくっていました。
私はクリームではなくオイルのタイプを選んで使っていました。
もともと乾燥肌なのでクリームよりオイルの法が肌に浸透している気がして。
海外のメーカーのもので値段は150mlで2,000円から3,000円くらいだったかな。
安くはないけれど、妊娠線ができるよりはマシと思って毎回ふんだんに塗り込んでいました。
お腹だけでなく背中にも塗り塗り。

妊娠線が出来た時の対応策と妊娠線クリームで消す方法

背中の皮も伸びやすくしておくと、お腹の皮への負担が軽減するらしいと聞きました。
お風呂上がりに顔の保湿が終わったら急いでお腹にオイルを塗りこんでいました。

9月に出産予定だったので、MAXでお腹が大きくなっていたのが真夏だったので、ただでさえ汗で体がベタつき不快なのに妊娠線のオイルを大量に塗っていてめちゃめちゃギトギトして気持ち悪かったです。

汗疹のような湿疹ができてお腹がすごく痒くなったけど、掻いてしまうとキズになって妊娠線のできる原因になると聞き、必死で我慢。

ここで塗るのをやめてしまうと絶対妊娠線ができてしまうと思い、頑張って毎日塗っていました。

そんな努力のおかげか臨月まで妊娠線は現れませんでした!

無事に子供も出産し一安心。

しかし、産後落ち着いた頃にお腹がもとに戻ってきたかなと思い鏡を見ると…。

妊娠線は無いけど、お腹がシワシワに!

おへそのを中心に周りがタコの皮みたいになっていました。

後の引き締めオイルをすぐに購入して、必死に毎日塗りましたがいっこうに引き締まらない。

そんな時に使ったのが妊娠線を消すクリームでした。

産後半年が過ぎても、何も変わらりませんでした。

ある日皮膚科に勤めていた経験がある看護師の友人に相談したところ、伸びてしまった皮は手術で余分な皮を切り取ってしまわないと綺麗に元に戻らないと教えてもらい、撃沈。
そんな手術は怖いし、お金もない。

もう一つ聞いた対処法は、太る。
太ってお腹にお肉を付けて皮を伸ばすということでしたが、太るのは絶対に嫌だと思い即却下。

そんなお腹のまま2人目を妊娠しました。
一応妊娠線の予防オイルは塗りましたが、産後はシワシワのお腹に元どおり。
旦那サマ以外の誰にも見せられない恥ずかしいお腹になってしまいましたが、2人も可愛い子供を授かった証だと現在は思いもう諦めました。


“””妊娠線””、とは言えど、妊娠したことのない私にも、妊娠線があります。急激に太ったり痩せたりを繰り返したからです。たった3ヶ月で10キロ減り、3ヶ月でまた10キロ太り、更に1年後また2ヶ月で10キロ減り、3ヶ月で10キロ太り、という、短期間での激しい体重変動です。
妊娠線のある箇所は私の場合三箇所。太ももの内側と下腹、それからなんとおっぱいにもあるのです。太ったり痩せたりで妊娠線ができてしまった話はよく聞きますが、おっぱいに妊娠線がある人の話は聞いたことがありません!
見つけた時は、かなりショックでした。しかもその妊娠線は、脇からバストトップに向かって線を引くように出来ているので、おっぱいにできたシワのようで、おっぱいをしょぼしょぼさせて見せるのです。それが妊娠線であると認めたくなくて、衣服のシワの跡だとか、ブラジャーのワイヤーか何かが食い込んで、とか、しばらくは自分に苦しくむなしい言い訳をしていました。でも、たまたま母が産婦人科に長く勤めていた事もあって、私と同じ様におっぱいに妊娠線ができた人も、母の長い経験の中では見たことがあるのでは?と思い、ある日お風呂に入るときに母に話して見せたのです。

実際に見せるまでは「えー?おっぱいに妊娠線〜?」と疑わしげな母でしたが、見せると「・・・あっ、ホントだ・・・。」と、気まずすぎるリアクション。その反応から見てどうやら、おっぱいに妊娠線ができた人は非常に稀な様でした。そしてその後口をつぐんだことから、どうやら対処法もロクに無いようです。

母の「ホントだ」の言葉を聞くまでは、もしかしたら妊娠線でなく他のものかもしれない!なんて、淡い期待をも持ってしまっていましたが、見たときの母の小さな沈黙も、私の心を打ち砕くには十分でした。
妊娠線は一度できると消えない、と聞きます。それでも、宣伝広告に躍らされたとしても構わないから、と、””妊娠線を消す””とうたう商品を、色々と試しています。バストケアクリームなども使いました。マッサージする器具も試しました。しかし、一向に消える気配がありません。

経産婦さんなら、妊娠線は勲章とも呼べるべき跡でしょう。しかし、私の方はただの肥満です。痩せた時ですら、努力してダイエットしたのではなく、ただのストレスでした。同情すら誰もしてくれないでしょう。ただ恥じ入るばかりです。なので私は今日もせっせと広告に躍らされながら、新たな化粧品をおっぱいやおなかに塗り込んでいるのです。

しっかりと水分補給した後に蓋をすることが大事

女性であれば、誰しもむきたて卵のようなつるすべお肌に憧れますよね。私は、小さい頃から、肌が弱くて、子供の頃はアトピー、思春期になるとニキビ、そして、今大人になってアトピーはだいぶ良くなったのですが、ニキビやふきでもの、シミ、シワが気になります。特にお肌なんて気にしたらきりがないです。たまに、本当に肌荒れが酷い時は皮膚科に行きます。正直、皮膚科に行っても、気休め程度でふきでものはすぐにできるのに、それを直すのはかなり大変だし、時間もかかります。皮膚科の先生曰く、美肌に一番大事なのは、高い化粧品とか、ケアを徹底的にやるとかじゃなくて、睡眠なんだそうです。きちんと夜10時くらいに寝て、朝の6時前には起きるようにするのがお肌にとってベストなんだそうです。寝てる間にいろんなホルモンが分泌されることでお肌は再生するそうなんです。私は、いつも夜更かしして、朝に寝るタイプの人間です。青汁をやサプリメント、ちょっと高めの化粧品を使っていますが、効果でないわけです。確かに、しっかり寝れた次の日はお肌の調子がいい気がします。今日は皮膚科の先生に教えてもらった洗顔を紹介しようと思います。とにかく、顔は皮膚がすごく薄いので、触らないことが大事なんだそうです。女性のメイクってすごく雑菌が多いそうなんです。特に私は、かなりの敏感肌なのですが、パウダーファンデだとすぐ乾燥してしまいます。なので、しっとりとしたクリームファンデを愛用しています。でも、クリームファンデって毎回指で直にとって顔に塗ります。この操作を何度も繰り返すことで、クリームファンデに雑菌が繁殖してしまうそうなんです。でも、一回で使いきるのは難しい、衛生的に清潔な状態をキープするのは、難しい商品だと思います。リキッドファンデを知人は紹介しますが、私が使っている化粧品は全てオーガニックです。オーガニックのリキッドファンデは作ることができないそうで、どこのオーガニックコスメのブランドを見ても、私が求めるリキッドファンデはありません。洗顔後は清潔なタオルで顔を抑えるように水分を拭き取ります。そして、私のように乾燥肌の人は馬油がいいそうなんです。馬油の後に化粧水を塗ります。馬油を先に塗ることで、肌を柔らかくし、より、化粧水が肌の奥へと染み込むそうなんです。そして、最後に乾燥しないためにバームで蓋をします。美肌を手に入れるために一番大事なのは、保湿なんです。

ダイエット開始、2週間経過驚きの結果とはいかに!?

正月太りを解消すべく、砂糖だちダイエットをはじめてからとも2週間たった。コーヒーの砂糖とミルクは、禁止、お菓子も原則禁止、腹八分目を守ることを自分に課しているが、今日は、ちょっとしたストレスになることがあった。仕事の依頼先と、報酬の支払いをめぐって、トラブルになったのだ。無性に腹がたつが、相手が人間的に未熟なので、支払ってもらいたいもののあまりかかわりたくない。気分転換が必要と判断して、今日は、好きなものを食べていいことにする。ただしひとつだけ。かくして、タリーズのシフォンケーキを食べることに。ケーキは、ひさびさである。ゆっくりと味わって食べる。なんと美味なことか。ケーキを食べるかわり、飲み物はカロリーのないものにすることにして、かなり迷うが、コーヒーにすることにした。何もいれずブラックでのむ。ブラックコーヒーにはだいぶなれてきた。砂糖などいれなくても、平気なものだということがよくわかる。夕飯は、軽めにすることにしよう。抜いてもいいかもしれない、そんなことを思う。今日は本当の例外、明日からは、また砂糖抜きダイエットを続けることを肝に命じる。ストレスになるといけないので、仕事を今日は、はやめに切り上げることにする。こういうときはフリーランスは楽だ。夕飯のことを考える。カロリー的には、抜けるものなら抜いたほうがよいが、お腹がもつかどうかは少々心配なところ。食べるとしても軽めにしよう。ケーキを食べた満足感があるので、軽めにしても、堪えられそうである。いつもどおり、手早くできて、おいしくて、太や¥らなそうな献立を考える。冷蔵庫には、玉ねぎ、にんじん、小松菜、それに、えのきとしいたけ、ヨーグルトと牛乳、とりの胸肉がはいっている。倒なことはしたくない。しいたけと玉ねぎで、みそ汁をつくり、胸肉は茹でることにした。とりの胸肉は、脂身がすくなく安心して食べられる。ワンブロックそっくり食べれば、ご飯類は、要らないだろう。茹でどりは、先回つくったとき、たまたま水がすくなくて、途中で水がなくなり、焦げてしまったら以外とおいしかった。今日は、わざと、焦がすことにする。風味がつくので、ドレッシングなしで食べられるはずである。何度も同じものをつくっていると飽きるといえば飽きるが、みそ汁には、さっぱり飽きない。出来立てのみそ汁のなんと美味しいことか。煮立てすぎないようにきをつけて、つくる。できた。食べよう。美味しいという満足環を味わいながら、みそ汁から先に箸をつける。ふうふういいながら、すする。味噌がいいのか、だしの加減がいいのか本当に美味しい。醗酵食品の味噌は、町内環境を整え、体にもいいというし、日本食は本当にダイエットに適している。